つらいときに読む言葉~「俺たちはお前らよりも頑張った」という説教~

シェアする

RyanMcGuire / Pixabay

「俺たちの頃は、もっと大変だった」「俺は倒れそうになるぐらい仕事に熱心だった。今のお前達には根性が足りない」

こんな説教をされた記憶がありませんか。

でも、こんな言葉を鵜呑みにする必要はありません。

記憶というのは、常々美化されるもの。

こういった言葉を他人に向かって言う人たちは、自分が「すさまじい困難を乗り越えた人間である」と自慢したいだけなのです。

誇張した事実を、他人に吹聴しているのです。

真にあなたを良い方向に導こうとしているのでは、決してありません。

もし仮にそれらが事実だったとしても、社員が倒れそうになっても放ったらかしにするような会社に問題があるということ。

そんな姿勢を良きこととするような組織からは、あなたの方から離れるべきです。

広告4
にほんブログ村
スポンサーリンク
広告1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告1