つらいときに読むことば~どん底で奇跡が起こった人の話~

シェアする

こんな人の話を聞いたことがあります。

彼はビジネスでの成功を夢見てタイへと渡りましたが、詐欺に遭って無一文となってしまいました。

日本から遠く離れた異国の地で、お金も人間関係も全て失ってしまったのです。

食い扶持を稼ぐため、その辺に落ちていたゴミで輪投げの道具を作り、露店を開いてはみたものの、ほとんどお客は来ません。

食べ物といえば、近くの食堂で一番安く美味しくもない、安い肉団子のスープ一皿。

お金が入らず、その辺の草木を食べて飢えをしのぐこともあったそうです。

そんな生活が二年続きました。

身体的にも精神的にもボロボロで、もう駄目だと自殺まで考えていたその時、スーツ姿のビジネスマンから声を掛けられました。

「この辺に大型のリゾートを建てたいので、あなたがいつも輪投げの店を開いているこの土地を売ってほしい」

二年間の彼の赤貧生活からは考えられなかった、凄まじい金額が提示されました。

そのお金で再びチャンスを手にした彼は、今度こそビジネスに成功し、今なお異国の地で活躍していると聞きます。

人間、何があるか分からないものです。

辛すぎて辛すぎて死にたい、と思った次の日に、思わぬ幸運が訪れることも、現実には起こり得るのです。

広告4
にほんブログ村
スポンサーリンク
広告1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告1