占いについて

シェアする

「占い」というものに対する私のスタンスを説明致します。

「占いとは、人生の標(しるべ)」

私はそのように考えています。

過去、「先に起きていた出来事が占い通りに起きた!占いのおかげで助かった!」といった感謝の言葉をいただいたことが何度かございますが、それは私の占いに拠るものではありません。

占いというアイテムを駆使して人生の見通しを立て、それに合わせた対策を立てたその方の努力によるものなのです。

例え素晴らしくよい結果が出たとしても、またその逆となる結果が出てしまったとしても、今後の出来事を決めるのは、他ならぬその方の行動なのです。

簡単に言えば、占いは地図のようなもの。

地図を見たとしても、いい加減な歩き方をすれば道に迷ってしまいます。

逆に「この先にガケがある」と書いてあったとしても、それを避けることは可能です。

占い師である私がこういったことを言うのも変ではありますが、あまり結果に縛られないでください。

あなたの今後を決めるのは、あなた自信なのですから。

(なお、タロットカードの画像には、パブリックドメインとなっているウェイト版タロットのものを使用しています)

スポンサーリンク
広告1

シェアする

フォローする