初心者パワーストーン講座~アクアマリン~

シェアする

sarakgraves / Pixabay

sarakgraves / Pixabay

今回紹介するのは「アクアマリン」です。

透き通るような青色の透明感が美しく、数あるパワーストーンの中でも一際人気があるようですね。

ネックレスやイヤリングの素材としても頻繁に用いられています。

アクアマリンの蘊蓄

Couleur / Pixabay

その名の通り、海とのかかわりが非常に深いとされています。

例えば古代ローマにおいては「海上の災いから守ってくれる」と船乗りたちのお守りとして親しまれていました。「海の妖精が力尽き、浜辺に打ち上げられた姿がこのアクアマリンである」という言い伝えもあります。

また、「夜の女王」の異名の通り、歴史上の女王や姫君たちが愛してやまなかった石としても有名です。

例えば、ロシア帝国の女王エカテリーナ二世は熱心なアクアマリン愛好家であったそうです。ウラルで採れる豊富な資源を利用して国力を高めたとされている彼女ですが、その大規模な採掘計画はより美しく大きなアクアマリンを探すためでもあったと言われています。

また、フランスの悲劇的な妃マリー・アントワネットもこのパワーストーンをこよなく愛していたそうです。世にも希なる美しき風貌で人々を魅了した彼女は己を更に高めるため、ダイヤモンドとアクアマリンの装飾を常に身に付けていたと言われています。その傲慢なまでの美貌が人々の反感を呼び、まさに一粒の蒼き石のごとく断頭台の露となってしまったのは、あまりにも憐れではありますが。

アクアマリンに秘められたそのパワー

597388 / Pixabay

そんなアクアマリンは「人々との関係を紡ぐ」パワーがあるとされています。

所有者の心の焦りや不満、嫉妬心などのネガティブな感情を洗い流し、周囲の人々、そして意中の相手との関係を構築してくれるのだそうです。ストレス社会と言われている現代において、極めて重要なパワーを持つ石であると言えるかもしれません。

でも、ただ身に付けているだけでは、その恩恵に預かれないでしょう。

大事なのは、信じることです。この石をあなたの一部であるかのごとく、大事にしてあげてください。「信じる者は救われる」という陳腐な言葉を言うつもりはありませんが、所有者とパワーストーンの間にも、信頼関係が必要なのです。

sfetfedyhghj / Pixabay

ただの装飾品としてではなく、特別な”存在”として。

常に肌身離さず身に付けておくこと。大事な局面においてはこの石を握りしめ、その輝きを頭に思い浮かべること。

そうすれば、「夜の女王」はあなたの心に落ち着きを与え、救いと道を与えてくれることでしょう。

広告4
にほんブログ村
スポンサーリンク
広告1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告1